2007年04月20日

★空室対策の劇薬《謝礼》活用マニュアル2007

◇空室対策の劇薬《謝礼》活用マニュアル2007


【空室】これほどアパ・マンオーナーにとって
辛いことはありません。


空室の部屋からは収入ゼロ。
1年も空いていたらその損失はいくらになるのでしょう。
月5万なら年間60万円。10万なら年間120万円。
120万あるのとないのと差は大きい・・。


修繕のためにとっておいたり、もう少し貯めて頭金として
物件を増やしたり、たまにはちょっと贅沢してみたり・・・。
最近は不動産会社まかせではいけない!ということで、
オーナー自らが創意工夫をこらして1日でも早く
次の入居者を入れる努力をしています。


しかし、その努力が実るかどうかは分かりません。
最終的には、不動産会社の営業マンが決めるからです。


あなたの空室に、お客様を連れてきてくれるかは、
営業マンが鍵を握っています。


この無料レポートでは、営業マンがお客様を
あなたの空室に案内してくれる最終奥義を解説します。


それは【謝礼】です。


ご存知の方も多いと思います。
実践している方も多いでしょう。
しかし世間で言われているほどの効果がない!という話も
よく聞きます。


一見カンタンなように思います。


「空室決めてくれたら謝礼出します」といえば言いだけだからです。
しかし、なぜ謝礼が効果的なのか、本当に理解していないと逆効果になります。
この無料レポートでは、


●なぜ謝礼が効果的なのか、営業マンの心理について。
●良くある間違った運用方法その1
●良くある間違った運用方法その2
●実際に渡すときの方法
●依頼トークマニュアルを解説しています。


空室続きのオーナーさん、謝礼を実践してもうまくいかなかった方、
謝礼をもっと効果的に活用したい方、
この2007年版マニュアルで、空室を満室にして下さい。
     ↓↓↓↓↓
空室対策の劇薬《謝礼》活用マニュアル2007



posted by 無料レポート野郎っ! at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産投資
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。